WEBを見るときのプロバイダーでは回線も変更

WEBとプロバイダーについて

WEBを見るときのプロバイダーでは回線も変更 私が初めてインターネットを始めたのは、1997年からでした。ですから比較的早いほうだったと思います。その時に買ったパソコンはデスクトップで、プロバイダーは知人から紹介されたところを選びました。そうして始めたネットの世界は、私をまったく知らない世界に連れて行ってくれました。それは見知らぬ国の風景や、様々なサイトの情報をもたらしてくれたのです。好奇心旺盛な私にとってこのWEB上の情報は面白くてたまりませんでした。しかし、当時はダイアルアップ回線でしたので、電話は利用できませんし、途中で回線が切れてしまうなどと言うこともたまにあったの

それが払しょくされるようになったのが、ADSLの登場でした。それと伴に私は、新しいプロバイダーと新しく契約しました。今度は自分で選んだ会社でした。そこは大手で、しかも毎月の通信料が安かったのです。またインターネットが繋がりやすかったのです。これはWEB上ではとても大切なことです。なぜならこの世界には、世界中から無数の回線が行き交っているからです。なので、当然混み合い、なかなか回線が繋がらなかったり、回線速度が遅くなってしまうことがあり得るのです。ですから、そこらへんがプロバイダの実力と言うことになります。私は、それからさらにプロバイダーを違う会社に変えて今日に至っていますが、現在では回線が繋がりにくかったり、回線速度が極端に遅くなるようなことはありません。と言うことは、私が使い始めた頃に比べて、プロバイダーのWEB上の技術が向上したと言って良いでしょう。

PR情報

Copyright (C)2020WEBを見るときのプロバイダーでは回線も変更.All rights reserved.